« October 2005 | Main | December 2005 »

2005.11.23

空色対決

こてんぱんにやられたC大阪戦から二日、ホームに磐田を迎えた一戦。マルクスが出停から戻ってきたことだし、好ゲームが期待された。

始まってみたら、磐田の右サイド、太田の突破と豊富な運動量に圧倒された。なかなかいい選手だ。あまりいい形が作れないまま、ミスから失点。そのまま前半終了。

後半、唯一ほころびがあったDF鈴木が名波と交代されてしまった。ちょっとガッカリ。

バックで見ているので、後半は右サイドが目の前で展開される。前半完全に消えてたヤスだが、全く見るところなし。J2時代のバックパスと中に切れ込んでいくだけの消極的なプレーの連続。もう少し縦の突破を使ってくれ。

磐田は高いDFラインを保って、コンパクトな布陣だった。こういうDFラインにはポストが得意な我那覇ではなく、裏を取るのが得意な黒津を使ってほしいのだが…。

終盤、やっとベンチが動いた。ダメダメだったヤスに代えて黒津。使いたかった右側のスペースを使い始めた、何度かいい形で攻められたのだが、GK川口のファインセーブもあり、得点できない。それどころか、前掛かりになったところを攻められ失点。そのまま終戦。

零封2連敗。負けるのは仕方ないとしても、負け方がよくない。少なくとも1点は返してほしかった。

今週は中二日で3連戦なので、切り換える時間が短く、次のアウェイFC東京戦は難しい試合になりそうだ。それでも、やってくれると信じてる。

新体制発表会で社長が目標に掲げた、無謀と思われた「5位以内」も見えてきている。残り2戦を勝利で終えて、目標を達成してほしい。

2005-11-23_16

| | Comments (137) | TrackBack (0)

エリザベスタウン

久しぶりに映画館で映画を見た。前回は「深紅」なので、1カ月半くらいぶりか?

この映画は、映画館で予告を見てから見たいと思ってた映画だったので、期待して映画館に入った。休日前の火曜日ということもあってか、かなりスカスカだった。上映10分前についたのに、どこでも好きな席に座れる感じだった。

なかなか興味をそそる滑り出しで、期待できる展開。だったのだけど…。

一つ一つのエピソードを切り出して見ると、よいエピソードなのだけど、それがまとまると、一気にダラダラ感が増してしまい、非常にテンポが悪い。期待してた映画と違う展開の映画だったことも影響しているのだと思うが…。

こういうダラダラした映画は邦画に多かったのだけど、最近は洋画でもこのような感じの映画が増えた気がする。そういう映画はそういう気構えで見ないと辛いものがあるので、そのような映画であることを、きっちり宣伝してほしい。

| | Comments (736) | TrackBack (1)

2005.11.15

妥協なき戦い

よくない形で連勝が止まってしまったものの、天皇杯が入ってくれたおかげで、気持ちの切り換えができたみたいだ。

佐原が出停で少々心配だったが、それに合わせたかのように周平がケガから復帰。ゲームが始まってすぐはちょっとリズムに乗れてなかった感じだっだけど、段々と調子をあげてきたようだった。

試合前、問題だと思っていたのはボランチ。ベティが出停のため、ケンゴのバディは原田になることが予想されていたが、原田はイマイチな印象しかなかった。麻生情報では谷口がBチームに入ったような話だったが、レギュラー復帰にはまだ早いだろうと。

事実、スタメンは原田だったわけだが、今日の原田はいままでのイマイチな原田と違ってた。守備ができてる。たまにボールウォッチャーになってしまう瞬間はあったものの、結構守れてたし、攻撃への飛び出しやミドルもいい感じでできてたと思う。ミドルに関してはケンゴに教えてやって欲しいくらいだ。あとはボディコンタクトを受けたときにキープができるようになれば、スタメンないしはベンチに置いておきたい選手になるだろう。この調子をキープできるなら、来季は是非完全移籍してきてほしい。

マルクスがシミュレーションでイエローをもらってしまったのは痛い。次節を考えると、ちょっと不用意で不必要なイエローだったと言わざるを得ない。マルクスの代わりはフッキだったりするのだろうか?ちょっとコワイぞ。

| | Comments (560) | TrackBack (0)

2005.11.09

天皇杯の残り

ナビスコカップの影響で、ナビスコ決勝を戦った千葉とG大阪の試合が本日行われた。

千葉の対戦相手は甲府で、ガンバの対戦相手は横浜FC。どちらも中継はないので、気にしてなかったのだけど、後半過ぎにどちらとも同点だという情報が入った。

天皇杯はトーナメントなので、勝敗がつくまで戦うことになっており、どちらの試合も延長に入った。延長ちょっと過ぎからJ'sゴールのリアルタイム速報をみ始めたのだが、千葉×甲府が2-2の同点、ガンバ×横浜FCが、なんと2-3で横浜FCがリード。あら?と思ったら、今年からVゴールがなくなって、延長に入ったら前後半きっちりやるそうだ。

千葉は延長後半に水野が得点してそのまま終了。ガンバは二川が同点弾をたたき込み同点で延長終了。そのままPKとなる。PKは速報でみられないので、ジリジリして待ってたら、突然結果が表示されて、7-6でガンバが勝ったらしい。

実際の試合をみてないのでわからないが、オシム監督のハーフタイムコメントで、「まったく走れてない!」と怒ってたので、やはり土曜の死闘の影響が出てるのだよな、きっと。ガンバもPKまでもつれるとは、やっぱり影響出てるよな。

どちらも優勝戦線に絡むチームなのだけど、土曜の試合はどうなってしまうのか心配だ。特にガンバは、ここで負けると首位を明け渡すことになりかねない。

優勝戦線はますます混戦になっていくことが予想される。ちょっとたのしそうだ。

| | Comments (290) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »