2005.11.23

空色対決

こてんぱんにやられたC大阪戦から二日、ホームに磐田を迎えた一戦。マルクスが出停から戻ってきたことだし、好ゲームが期待された。

始まってみたら、磐田の右サイド、太田の突破と豊富な運動量に圧倒された。なかなかいい選手だ。あまりいい形が作れないまま、ミスから失点。そのまま前半終了。

後半、唯一ほころびがあったDF鈴木が名波と交代されてしまった。ちょっとガッカリ。

バックで見ているので、後半は右サイドが目の前で展開される。前半完全に消えてたヤスだが、全く見るところなし。J2時代のバックパスと中に切れ込んでいくだけの消極的なプレーの連続。もう少し縦の突破を使ってくれ。

磐田は高いDFラインを保って、コンパクトな布陣だった。こういうDFラインにはポストが得意な我那覇ではなく、裏を取るのが得意な黒津を使ってほしいのだが…。

終盤、やっとベンチが動いた。ダメダメだったヤスに代えて黒津。使いたかった右側のスペースを使い始めた、何度かいい形で攻められたのだが、GK川口のファインセーブもあり、得点できない。それどころか、前掛かりになったところを攻められ失点。そのまま終戦。

零封2連敗。負けるのは仕方ないとしても、負け方がよくない。少なくとも1点は返してほしかった。

今週は中二日で3連戦なので、切り換える時間が短く、次のアウェイFC東京戦は難しい試合になりそうだ。それでも、やってくれると信じてる。

新体制発表会で社長が目標に掲げた、無謀と思われた「5位以内」も見えてきている。残り2戦を勝利で終えて、目標を達成してほしい。

2005-11-23_16

| | Comments (136) | TrackBack (0)

2005.11.15

妥協なき戦い

よくない形で連勝が止まってしまったものの、天皇杯が入ってくれたおかげで、気持ちの切り換えができたみたいだ。

佐原が出停で少々心配だったが、それに合わせたかのように周平がケガから復帰。ゲームが始まってすぐはちょっとリズムに乗れてなかった感じだっだけど、段々と調子をあげてきたようだった。

試合前、問題だと思っていたのはボランチ。ベティが出停のため、ケンゴのバディは原田になることが予想されていたが、原田はイマイチな印象しかなかった。麻生情報では谷口がBチームに入ったような話だったが、レギュラー復帰にはまだ早いだろうと。

事実、スタメンは原田だったわけだが、今日の原田はいままでのイマイチな原田と違ってた。守備ができてる。たまにボールウォッチャーになってしまう瞬間はあったものの、結構守れてたし、攻撃への飛び出しやミドルもいい感じでできてたと思う。ミドルに関してはケンゴに教えてやって欲しいくらいだ。あとはボディコンタクトを受けたときにキープができるようになれば、スタメンないしはベンチに置いておきたい選手になるだろう。この調子をキープできるなら、来季は是非完全移籍してきてほしい。

マルクスがシミュレーションでイエローをもらってしまったのは痛い。次節を考えると、ちょっと不用意で不必要なイエローだったと言わざるを得ない。マルクスの代わりはフッキだったりするのだろうか?ちょっとコワイぞ。

| | Comments (560) | TrackBack (0)

2005.11.09

天皇杯の残り

ナビスコカップの影響で、ナビスコ決勝を戦った千葉とG大阪の試合が本日行われた。

千葉の対戦相手は甲府で、ガンバの対戦相手は横浜FC。どちらも中継はないので、気にしてなかったのだけど、後半過ぎにどちらとも同点だという情報が入った。

天皇杯はトーナメントなので、勝敗がつくまで戦うことになっており、どちらの試合も延長に入った。延長ちょっと過ぎからJ'sゴールのリアルタイム速報をみ始めたのだが、千葉×甲府が2-2の同点、ガンバ×横浜FCが、なんと2-3で横浜FCがリード。あら?と思ったら、今年からVゴールがなくなって、延長に入ったら前後半きっちりやるそうだ。

千葉は延長後半に水野が得点してそのまま終了。ガンバは二川が同点弾をたたき込み同点で延長終了。そのままPKとなる。PKは速報でみられないので、ジリジリして待ってたら、突然結果が表示されて、7-6でガンバが勝ったらしい。

実際の試合をみてないのでわからないが、オシム監督のハーフタイムコメントで、「まったく走れてない!」と怒ってたので、やはり土曜の死闘の影響が出てるのだよな、きっと。ガンバもPKまでもつれるとは、やっぱり影響出てるよな。

どちらも優勝戦線に絡むチームなのだけど、土曜の試合はどうなってしまうのか心配だ。特にガンバは、ここで負けると首位を明け渡すことになりかねない。

優勝戦線はますます混戦になっていくことが予想される。ちょっとたのしそうだ。

| | Comments (290) | TrackBack (0)

2005.10.29

我々を勝たせてくれない何かが働いていたと思う

これがホームタウンディシジョンというものなのか?

今日の主審は今までも問題のある審判だと言われていたけど、対岸の火事程度にしか考えてなかった。それに、サッカーに微妙な判定はつきものなので、「運が悪かったと思ってあきらめるしか…」と思ってた。

しかし、ここまで露骨な誤審を一つの試合の中で何度もされてしまうと、運が悪かったでは片づけられない…。

今年の開幕戦での誤審でも協会は「誤審ではない」と言い切ったのだから、今回も「誤審ではない」と言い切るだろう。

仮に認めたとしても再試合というのは前例がないから行われないだろうから諦めるとしても、せめて審判をクビにしてくれ。

2005-10-29_13

| | Comments (311) | TrackBack (1)

2005.10.24

6連勝

失意の日本平以降、非常に好調。去年はアウェイに弱いというメンタルの弱さを露呈していたが、土砂降りの名古屋もきっちり勝ち切って、連勝を5に延ばして迎えた柏戦。

前回はJ1緒戦ということもあり、尚且つ不動のチームの心臓、ケンゴが風邪で離脱ということもあり、リズムに乗れず、ロスタイムになんとか同点に追いつくといった展開だったわけだが。

今回、柏は明神・波戸が前節退場したため欠場、DF土屋も浦和FW田中達也をクラッシュしてしまったショックで欠場と、DF陣が揃わない状態での対決となった。

一方、川崎は前節に引き続きDFの前の壁、ボランチ谷口が欠場。そしてDF3巨頭の一角、寺田周平が欠場し、それぞれベティ・佐原がスタメンになった。

まず注目したのは、佐原。去年は手癖の悪さが目立ってて、見てて気が気じゃなかったのだが、なかなか安定してきたんじゃないだろうか?相手フィードに対するヘッドの競り合いはなかなかよかった。

全体でよかったのはケンゴ。ボールの奪い方やスルーパス、キープといつもより全体的にレベルの高いプレーが見られた。あとはシュートだけなんだけどなぁ。毎年1本はスーパーミドルを見せるので、今年も期待してるのだけれど…。

その次はヒロキ。いつものストッパーではなくスイーパーだったのだが、いい感じでボールを奪ってた。前回の名古屋戦ではボールを持ってるときに詰め寄られるといきなりあたふたしだして、見てられなかったのだが、今日はあたふたした感じが見えなかった。

試合は3-1で勝って、連勝を6にのばした。去年も連勝はあったが、それよりも感慨深い。

帰宅後、気分がよかったので録画しておいた試合を見返した。

注目の佐原だが、現地で思ったよりもよくなかったが、それでも普及点はあげられるだろう。

マッチポンプ箕輪については、代表の効果でオフェンシブになったこととよく言えばあたりが強くなったことがよい点と言えるのだが、逆にあたりが強すぎてファールを取られるシーンが増えた気がする。この点は改善してほしい。

一番すごいと思ったのは、実は柏の薩川。等々力では、相手のDFなんか注視してなかったのだけれど、結果がわかってて安心しながら全体のプレーを見ていたら、薩川の守備はホントすごかった。主力DFがいないなか、一人で気を吐いてた。最後まで衰えなかった運動量。彼の献身的なプレーがなかったら、ジュニーニョは前節に続いてハットトリックを達成できてたかもしれない。

次節はアウェイ浦和戦。4位5位の直接対決。前回の対戦では互いに本調子でなかったので、ガチンコでやりあう試合は非常に楽しみ。前回、ロスタイムに同点にされた借りはきっちり返して、連勝を7に延ばし、順位も上に行かせてもらおう。

2005-10-23_14

| | Comments (223) | TrackBack (0)

2005.10.19

ハットトリック

土砂降りの名古屋から、もう5日も経ってしまった…。
ほんと、久々にジュニーニョのハットトリック。それも、川崎サポが見守るゴール側で3点。特に2点目は美しかった。
これで波に乗って、ハットトリック連発しないかなー。

次の柏戦は明神・波戸が欠場、土屋が微妙とのことで、逆に引いて守られちゃって点が取れない展開も予想されるけど、ここは連勝の波に乗って勝ってほしい。

| | Comments (219) | TrackBack (0)

2005.10.01

オレンジデイズその2

5月の対戦では先制するも、逆転負け。そのときの悔しさを払拭するために、是が非でも勝ってほしかった。

立ち上がりからラフプレイの応酬。ちょっとよくない流れだなぁと思ってたところに、エジミウソンにすり抜けられ、GK相澤と1対1の状況。相澤もかわされ「やられた!」と思った瞬間、ポストがゴールを守った。これが決まっていたら、状況は全く違うものになっていただろう。

ボールも何もないところで、谷口が倒されてる。線審が審判を呼び、寺川にイエローが出される。ボールがあるところのフラフプレーだったら、少しは納得できるが、これはひどすぎやしないか?

その後、箕輪のクロスを谷口がヘッドで押し込んで先制。先程のこともあったので、これはスカっとした。

攻守にわたって効いていた谷口だが、前半に負傷退場してしまった。痛がり方が尋常じゃなかったので、心配だったが、出待ち情報によると、痛そうにしていたものの、自力で歩いていたそうなので、ほっとした。

後半、ゴール前の混戦を凌ぎきって、ケンゴの超ロングフィードを受けゴールを奪ったジュニーニョが泣き崩れる。これまでちょっとスランプっぽかった感じだったので、これを機に爆発してほしい。そのためには、周りのサポートが必要だ。

その後、DFの裏をつくフィードを我那覇が追いかけ、あわや追加点という場面で、GK野沢がエリア外に出てきて処理。そのときGKの癖が出てしまったのか、低いボールをスライディングして胸で処理しようとしてしまった。その跳ね返りが手にあたってしまい、一発レッドで退場。既に3枚のカードを切ってしまった新潟は、菊地にキーパーを託した。

終盤、マルクスのヘッドを即席GK菊地に弾かれたが、ゴール前に詰めてた我那覇が押し込み3点目。ちょっとごっつぁんだったけど、それでも得点は得点。

オレンジデイズと銘打ったホーム2連戦を勝ちで終わることができた。また、ジュニーニョと箕輪を勝ちで送り出せたのはうれしい限りだ。オールスターと東欧遠征で活躍してきてほしい。

2005-10-01_17

| | Comments (179) | TrackBack (0)

2005.09.25

オレンジデイズその1

なぜかオレンジ色のチームカラーのチームに勝てない。
今年は清水にホーム・アウェイとも敗れ、アウェイ新潟では先制するも逆転負け。アウェイ大宮は出場停止のメンバーの影響もあったかもしれないが、それでも攻撃らしい攻撃が全くできずに敗戦。

前半は相手に合わせてしまった感じで膠着状態だったが、後半はアグレッシブに攻め、ケンゴから出た絶妙なスルーパスを陥没骨折から復帰後4試合で3得点と好調の我那覇が左足でゴール。

その後、長女が生まれたばかりの箕輪のヘッドで2点目。

このまま無失点で終わってほしかったが、絶妙な位置でFKを与えてしまい、それがゴールに突き刺さる。

流れの中で神セーブを連発した相澤だが、FKを止めたところを見たことがない。位置的に難しいかもしれないが、FKを止めるところを見てみたいものだ。

今回累積で出場停止になる選手はいないので、この調子で来週のオレンジデイズも勝ちで終わってほしい。

2005-09-24_13

| | Comments (374) | TrackBack (0)

2005.09.18

元川崎ダービー

味の素スタジアム。キックオフするまで、春のナビスコ予選を思い出してしまい、どうしょもなくソワソワしてしまっていた。

周平が先制したとき、やっぱりナビスコを思い出した。周平自身、インタビューで「自分がゴールすると荒れる」と言っていた。このとき、点の取り合いになることを覚悟したのだが、実際は違った。なんとなくバタバタするシーンもあったが、最終ラインでなんとかくい止められていた。

ワシントンにプレゼントボールをしつこく追い回され、得点されてしまったシーンでは、ワシントンに殺意さえ感じたが、タラタラとボールまわしをしているDF陣が悪いので仕方ない。

マルクスの負傷で久々に出番がまわってきたキンちゃん。どうもリズムに乗れてない感じで、足元にボールが収まらない。パスも通らない。自慢の運動量も、去年に比べると劣って見えた。来年は厳しいか?そんなことを感じていた。

後半ゲームが動いた。箕輪のスルーパスに飛び込んだキンちゃんのシュートがネットを揺らした。もう厳しいとか思ってゴメン。

終盤押し込まれるシーンが多々あり、「ロスタイム劇場」も健在だった。しかし、それはシーズン当初のそれとは違って、なんとか守りきれている。紙一重ではあるが、その紙一枚分を突き抜けた感じだ。

収穫は谷口のフル出場と、意図の分かりにくい交代がなかったこと。久々にベンチに戻ってきた黒津を見られなかったのは残念だけど。

一番の収穫はマルクスが抜けた後、攻撃に厚みがなくなってしまう点が徐々に改善されてきていること。マルクスはすばらしい選手であることは間違いないのだけれど、どうしても終盤に失速してしまう。そこを突かれてやられてしまうことが多い。何点とっても安心できないチームだから、攻撃の幅が広がるのは嬉しい限りだ。

K点越えの後だからこそ気を引き締めなければならない、「絶対に負けられない戦い」を勝ち抜けた。この調子でこれから続く「Orange Days」も乗り切ってもらいたい。

20050917165047.jpg

| | Comments (327) | TrackBack (0)

2005.09.12

K点越え

とうとう、とうとう越えた!

雨の鹿島戦というと、去年の天皇杯を思い出してしまうが、今回はVゴール負けはないので、最低でも勝ち点1を奪い取ってくれと思ってた。結果は2-1の勝利。

後半押し込まれてしまったが、なんとか1失点で抑えられた。今シーズンの前半戦では、ここで2失点や3失点してしまうケースを何度も見せられた。先週は先制したにも関わらず逆転負け。挙げ句、目の前で花火を見せつけられたが、今日は踏みとどまれた。

先週の敗戦後のロッカールームでは怒号が飛び交ったらしい。今までの仲良しチームから脱皮できた瞬間だったのかもしれない。

マークの受けまわしミスなどの戦術的なミスは劇的には改善されていなかった。しかし、それでも押し返せたとのは、大きな収穫だったといえよう。

日本平での涙は無駄ではなかった。

20050911211149.jpg

| | Comments (331) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧